組合の活動

活動内容について

三役常任並びに定例理事会

年4回開催

 

委員会の開催

総務財務、事業、組織調査指導防火防犯委員会の3部門の委員会を年1~2回開催

 

各種セミナー

・税に関するセミナー(新年会兼用)
・経営研修会
・外部団体との共催セミナー
・青年部、婦人部主体によるセミナー
・指定店会セミナー

 

婦人部の活動

昭和47年6月に設立総会、部員109名でスタート。現在65名。
主な活動内容は新年会、観桜会、親睦旅行、青年部と共催による研修セミナー、総会の開催等。

 

青年部の活動

平成7年に設立総会、部員12名でスタート。現在31名。
主な活動内容は観桜会、指定店並びに婦人部と共催によるセミナーを年2回、親睦研修会、忘年会、総会の開催等。

 

指定店会の活動

平成7年にアパート経営を側面から支援する営繕等の多様業種の会として発足した。主な活動は、親睦交流会、青年部との共催セミナー、忘年会、総会の開催等。

 

経営研修会の様子

 

 

各種セミナーの事例

タブをクリックすると右の内容が切り替わります

  • 経営研修会 2013>
  • 経営研修会 2012>
  • 経営研修会 2011>

経営研修会 2013

 

会場: 札幌東急イン

日時: 2013年 7月23日(火) 13:00~15:30

 

演題1「賃貸借契約に関する諸問題」

講師: 弁護士 諏訪 裕滋氏

 

 最近の賃貸借をめぐるホットな話題について判例を交えた講演。内容の大きなポイントは2つありました。
 1つ目は、消費者契約法によって大家さんより貸借人の方が保護されている現状が長く続いていたのが、平成23年に最高裁がそれらを見直す見解を示し、それに従って昨年、大阪地裁が貸借人救済の範囲を縮小する判例を出したことで流れが変わってきたということ。
2つ目は、原状回復についてこれまで国交省のガイドラインにより減価償却で解決する方向にあったのが、平成23年、東京地裁がバスタブの変色について大家さんと貸借人が半分ずつ修復費用を持つという折半説とも言うべき判例を出したので今後の参考にしてほしいということです。

 そのほか、自殺者のあった部屋の賃料は何年間値引きするのが妥当かということや、入居者の置いていった荷物や溜め込んだゴミの処理などについて貴重なアドバイスがありました。

 

演題2「快適な都市空間と地域のコミュニティづくり~町内会の役割と活用」

講師: 札幌市市民自治推進室課長 久道 義明氏

 

 人口の増加が進む札幌市では一方で少子高齢化も進行しており、生活基盤の整備が重要で、それには市民も積極的に取り組んでほしいと述べました。特に高齢者や障害者の孤立を防いだり、地域の安全の確保、除雪などには町内活動が不可欠で、加入促進を呼びかけました。

 

演題3「不動産所有者のための相続・事業継承の留意点」

講師: 株式会社朝日信託税理士 佐々木一彦氏 同弁護士 小野弘康氏

 

 アパート経営を円滑に継承していくには、不動産と金融資産とのバランスを保ち、相続税を納めるときに困難な状況に陥らないように準備も必要と説きました。それには財産目録を作ったり、不動産管理会社を設立したりすることも有効との説明でした。
 一方、遺産相続でトラブルにならない方法としては、きちんとした遺言が有効で、その作成から管理、執行までを任せる遺言信託という例が紹介されました。

経営研修会 2012

 

会場: 札幌東急イン

日時: 2012年 7月24日(火) 13:00~15:30

 

演題1「アパートの入居率アップの方策について」

講師: 不動産市況アナリスト 外城 忠昭氏

 

 札幌市の人口・世帯数の推移と賃貸需要の変化を国勢調査結果などから割り出し、今後も札幌市における民営賃貸の役割は大きなものがあると説きました。しかし空室を解消し安定経営を維持していくには、賃貸入居者の年齢や家族構成などにもっと目を向け、それぞれに合わせた構造、規模にしていくことが大切と力説しました。さらに高齢化している大家さんには、後継者づくりにも頑張ってほしいと述べました。

 

演題2「“この部屋に住みたい!”と思わせる差別化リフォーム」

講師: 満室研究所代表 山岡 清利氏

 

 簡単な差別化リフォームで空室を解消する方法を、豊富な実例を挙げながらの講演で、その基本はなるべくお金をかけないでということですが、一見差別化を施したようで実は古さが目立ってしまうという例が参考になりました。これを解消するには差別化リフォームに「時代払拭リフォーム」を加える必要があるというのが、聴いている人たちには新鮮だったようです。差別化と古さの解消と、この二つをうまくミックスすることが高入居率への道ということでした。

経営研修会 2011

 

会場: 札幌東急イン

日時: 2011年 7月22日(金) 13:00~15:30

 

演題1「あなたの空室対策はこれで解決」

講師: 満室研究所代表 山岡 清利氏

 

 初めに、ゼロから学ぶのは大変だけれど真似をするのは簡単。とりあえず何か真似してみましょうと説き、配布したレジュメも、そのまま管理会社に見せれば使えるようになっているものでした。話は、ちょっとしたアイディアで退去防止、入居促進につながる方法、物件の差別化による空室対策、大家さん自ら仲介業者に売り込むことの大切さなどに、参加者も納得の表情でした。

 

演題2「侵入窃盗、車上ねらい等の犯罪防止策」

講師: 道警本部生活安全部 統括官 五十嵐 智氏

 

 まず車上ねらいや部品ねらいの多発している駐車場の管理方法、死角の防止、明るさ等について注意を促しました。また、アパート侵入等の犯罪を防止するには、入居者同士の防犯意識を高めたり、建物自体の防犯性能を高めることが肝心と述べました。犯罪の被害に遭わないアパートにしていくことが、ひいては経営を安定させることでもあり、防犯チェックシートも配布して注意を喚起しました。

 

交流会について

組合本体の親睦交流

組合員同士の親睦を深めるため、毎年下記イベントを年1回のペースで開催しております。

 

・ゴルフ大会
・パークゴルフ大会
・親睦研修旅行
・ダンスパーティ
・麻雀大会

 

各支部単位での親睦交流

各支部単位で親睦研修旅行、パークゴルフ大会、忘年会、新年会をそれぞれ年1回開催実施。

 

各支部婦人部の親睦交流

各支部単位で親睦会(旅行など)を実施。

 

 

 

 

 

 

お申込み方法は下記から選べます WEBからのお申し込みはこちら FAXでのお申込みはこちら お問合わせ・資料請求

 

 

(c) Sapporo-shi apartgyou kyoudoukumiai